過払い金は戻ってくる?総量規制であなたの借金はどうなる?借金状況の診断ならご利用無料の「過払い金ある?ない?診断窓口」へ!

過払い金は戻ってくる?総量規制であなたの借金はどうなる?借金状況の診断ならご利用無料の「過払い金ある?ない?診断窓口」へ!

過払い金有無の診断はこちら:0120-123-800

過払い金(グレーゾーン金利)とは

「過払い金」とは、払い過ぎたお金のことを言います。 具体的には、利息制限法の定める上限を超えた金利を支払っていた場合、その上限を超えて支払い過ぎていた利息のことをさします。
過払い金が発生する要因として、「グレーゾーン金利」という言葉と密接な関係があります。
近年のニュースやTVCMなどで耳馴染みのあるこの「グレーゾーン金利」と、「過払い金」の関係についてご説明いたします。

貸金契約において利息の上限を定めた法律は、平成22年まで「出資法」と「利息制限法」の2種類がありました。
この二つの法律で定められている上限金利は、それぞれの法律で設定が異なっており、その金利の差を「グレーゾーン金利」と呼んでいます。

出資法は、所謂「貸金業者を規制するための法律」と呼ばれ、上限金利は”年29.2%”と設定されています。
その上限金利を超過した利息を取得しようとすると、出資法違反として刑事罰(5年以下の懲役、もしくは1000万円以下の罰金またはこれらの併科)に処せられることになります。
一方の利息制限法は、「民事上での規制となる法律」と呼ばれ、上限金利は”元本10万円未満は年20%、元本10万円以上100万円未満は年18%、元本100万円以上は年15%”と、貸付金額に応じて設定されています。
その上限金利を超過した利息を取得しようと利息制限法違反を犯した際、超過部分は無効となりますが、出資法のような罰則規制はありません。
貸金業者のほとんどは、利息制限法の上限金利を超過した金利と、出資法の上限金利である年29.2%に満たない金利の”曖昧な金利帯”(=グレーゾーン金利)での貸し付けを行っていました。

しかし、平成22年6月18日の改正法施行により、出資法の上限金利を利息制限法と同じ20%に引き下げられたことにより、グレーゾーン金利は完全撤廃されました。
これにより、利息制限法を超過してこれまで貸金業者へ払い過ぎていた利息を返してもらったり、その発生した過払い金を元本に充当することで借金の減額が可能になりました。

平成22年以前に、貸金業者と長期間(約5年以上)に渡って取引していた場合、過払い金が発生する可能性が高いです。
払い過ぎていたご自身のお金を取り戻すため、過払い金にお心当たりのある方は、ぜひ当事務所までご相談ください。

Copyright © 過払い金ある?ない?診断窓口 All rights reserved.