過払い金は戻ってくる?総量規制であなたの借金はどうなる?借金状況の診断ならご利用無料の「過払い金ある?ない?診断窓口」へ!

過払い金は戻ってくる?総量規制であなたの借金はどうなる?借金状況の診断ならご利用無料の「過払い金ある?ない?診断窓口」へ!

過払い金有無の診断はこちら:0120-123-800

過払いになりやすいパターン、なりにくいパターン

過払い金には、過払いになりやすいパターンや、過払いになりにくいパターンがあります。

平成22年より前に、消費者金融やクレジット会社のキャッシングを利用したことがある場合、過払い金が発生している可能性があります。 そもそも過払い金とは、法律で定められた上限を超えた利率で支払っていた利息ですので、一部の例外を除き、本来なら支払う必要がなかったお金です。 しかも、その例外も裁判で事実上撤廃の判決がされたことにより、高い利息を払っていた人は、請求することで、過去の分も遡ってその利息の返金を受けることが出来るようになりました。

過払い金には「〇年以上取引をしたら」、「〇〇万円以上借金をしたら」といったわかりやすい基準が存在しないため、同じ年数で同じ金額を借り入れていたとしても、借金の残高や金利、返済状況などにより、過払い金額に違いが出てきてしまいます。

例えば、同じ取引期間が10年の方でも、ある人は100万円を超える過払い金が発生していることもあれば、またある人は数万円の過払い金であることもあります。

だからと言って、取引期間が短い方や金額が大きくなかった方には過払い金が発生しないということでもありません。 少額の取引を10年、20年と続けていた方は、高い利率で取引をしていた期間が長くなりますので、高額な過払い金が発生する可能性があります。 また、取引期間は1年程度だったけど、借入金額が多かった場合も、高額な過払い金となっている可能性があります

当事務所では、認定司法書士がご依頼者様の過払い金の調査を行っております。ご自身の取引期間が長いのか短いのか分からない、取引していた金額が多いのかどうか分からないと不安な方も、遠慮なくご相談ください。

Copyright © 過払い金ある?ない?診断窓口 All rights reserved.