過払い金は戻ってくる?総量規制であなたの借金はどうなる?借金状況の診断ならご利用無料の「過払い金ある?ない?診断窓口」へ!

過払い金は戻ってくる?総量規制であなたの借金はどうなる?借金状況の診断ならご利用無料の「過払い金ある?ない?診断窓口」へ!

過払い金有無の診断はこちら:0120-123-800

過去の金利について

過払い金が発生する理由は、金利に関する法律が2つ存在していたことによるものです。この2つの金利に関する法律とは、「出資法」というものと「利息制限法」という法律でした。

まず1つめは、「出資法」という法律です。

出資法は、「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」とされています。
この法律の上限金利は、年29.2%(うるう年は29.28%)と定めてられています。この上限金利を超えた金利で取引を行うと、出資法違反となり刑事罰(5年以下の懲役、もしくは1000万円以下の罰金またはこれらの併科)の対象になります。

もう1つは「利息制限法」という法律です。

この利息制限法は「借り入れ金額ごとに上限金利を設けるという法律」とされています。
借り入れ金額の元本が10万円未満は年20%、元本が10万円以上100万円未満は年18%、元本が100万円以上は年15%と、上限金利を定めています。利息制限法を超えた利率で取引を行った場合、その取引は無効とすることが出来ます。

本来は、すべての取引に「利息制限法」を用いなければならないのですが、旧貸金業法には、以下の条件を満たず場合、利息制限法を超える利率での取引が認められていました。

各債権者は、この条件を満たすとして、これまで高い利率で取引を行ってきたのです。
しかし、法律が改正され、この条件そのものが撤廃されたため、現在は利息制限法を超える利率での取引がされることはありません

Copyright © 過払い金ある?ない?診断窓口 All rights reserved.