過払い金は戻ってくる?総量規制であなたの借金はどうなる?借金状況の診断ならご利用無料の「過払い金ある?ない?診断窓口」へ!

過払い金は戻ってくる?総量規制であなたの借金はどうなる?借金状況の診断ならご利用無料の「過払い金ある?ない?診断窓口」へ!

過払い金有無の診断はこちら:0120-123-800

過払い金発生の目安

過払い金は、「借金をして返済したら必ず発生する」というものではありません。
借金の返済時に、払う必要のなかったお金を貸金業者へ支払った人だけに生まれるものです。
貸金業者との取引期間や契約の内容により、過払い金が発生する確率が高まったり、発生した過払い金額が高額になる可能性があります。
ここでは、過払い金が発生する目安や、過去に発生した過払い金額の事例をご説明いたします。

平成22年の改正法施行で撤廃する前のグレーゾーン金利内で、一定の期間以上(約4~5年以上)取引があった場合、過払い金が発生している可能性があります。
すなわち、「平成22年よりも前に4~5年以上に渡り、”一社で100万円以上の借金で利息が15%以上”、または”一社で10~100万円の借金で利息が18%以上”、または”一社で10万円以下の借金を利息20%以上”で借入をしていた」方が対象になります。
しかし、「最後の取引から10年経過している(時効)」、「すでに貸金業者が倒産した」、「違法業者やヤミ金から借入していた」といった条件に一つでも当てはまる方は、過払い金が発生することはなかったり、過払い金が発生しても回収することが不可能になるため、ご注意ください。

つぎに、過去に発生した過払い金額の事例について、消費者金融に限度額50万円で借入していたケースでは、「取引期間5~6年では15~30万円」、「取引期間7~8年では30~50万円」、「取引期間9~10年では50~70万円」、「取引期間10年以上では100万円以上」の過払い金が発生しているケースが、過去の実績では多く見られます。
また、15年以上に渡って複数の消費者金融から借入されていた方は総額300万円以上の過払い金になったり、信販会社からの借入でも長期間の取引になった場合に過払い金が数十万円になった事例があります。

借入の取引期間や、限度額、現在も借入中か完済したのか等、過払い金の発生の有無や、過払い金額はケースバイケースで変動します。
当事務所では認定司法書士が、より具体的に過払い金の発生の有無や過払い金額を無料で診断いたします。
ご自身の過払い金についてお知りになりたい方は、ぜひお気軽に当事務所までご相談ください。

Copyright © 過払い金ある?ない?診断窓口 All rights reserved.