過払い金は戻ってくる?総量規制であなたの借金はどうなる?借金状況の診断ならご利用無料の「過払い金ある?ない?診断窓口」へ!

過払い金は戻ってくる?総量規制であなたの借金はどうなる?借金状況の診断ならご利用無料の「過払い金ある?ない?診断窓口」へ!

過払い金有無の診断はこちら:0120-123-800

過払い金の利息について

借金をしたら利息がつくものですが、貸金業者へ支払い過ぎた利息を取り戻す際、過払い金に発生した利息も併せて請求することができるのをご存知でしょうか。

過払い金が発生した地点から利息も同時に発生していて、なんと"年5%"で請求することが可能です。
借入の年数や金額次第によりますが、貸金業者との取引が長期間になるほど利息も大きくなり、過払い金自体が100万円を超えるような場合、利息だけで10~50万円になるケースをよく見ます。
これまで、貸金業者の高金利に苦労されていた方からすれば、長期間に渡り、銀行預金よりも高金利設定の利息が発生していたのですから、請求しない手はないのでしょうか。

しかし、過払い金の利息を請求するには条件があり、「"悪意の受益者"に対して請求する場合のみ有効」となります。
"悪意の受益者"と聞くと、「凶悪な貸金業者」といったイメージが膨らみますが、実際には「法律上の原因がない不当利得であることを知りながら利益を得た者」という意味になります。
すなわち、「利息制限法で定める上限金利を超過した利息は無効になると理解していながら、その超過した利息を受け取るために金利を設定していた」状態のことをさします。
これまでに「悪意の受益者じゃないから、過払い金の利息は払わない」といった貸金業者も多数いましたが、最高裁では「原則、貸金業者は特別な事情がない限り、悪意の受益者と推定する」という判断を下しています。
そのような「特別な事情」などはふつう存在しないため、過払い金と併せて利息を請求することは、何も支障ありません。

なお、過払い金自体は非課税ですが、過払い利息は課税対象になります。
利息部分は所得扱いになるため、利息部分の」金額が20万円以上の場合は確定申告の必要がありますので、ご注意ください。

過払い金も、過払い金で発生した利息も、もちろんご自身のお金です。
過払い利息を請求することは、最高裁判所が認めた当然の権利です。
払い過ぎたお金を、一円でも多く取り戻したい方は、ぜひ当事務所までご連絡ください。

Copyright © 過払い金ある?ない?診断窓口 All rights reserved.