過払い金は戻ってくる?総量規制であなたの借金はどうなる?借金状況の診断ならご利用無料の「過払い金ある?ない?診断窓口」へ!

過払い金は戻ってくる?総量規制であなたの借金はどうなる?借金状況の診断ならご利用無料の「過払い金ある?ない?診断窓口」へ!

過払い金有無の診断はこちら:0120-123-800

総量規制によって借入れができなくなる?

総量規制というのは、2010年6月の貸金業法改正によって、貸金業者から個人が借入できる総額が、年収の3分の1までに制限されるようになった貸付に関する規制の事です。

これにより今までご利用になっていたカードで新たに借入れをしようとした際に、貸金業者から借入れを断られてしまったという方も非常に多くいます。
ただし、貸付けの契約には「個人向け貸付け」「個人向け保証」「法人向け貸付け」「法人向け保証」の4種類があり、その中でも総量規制の対象となるのは、「個人向け貸付け」だけであって、法人向けの貸付けと保証、そして個人向けであっても個人向け保証については総量規制の対象にはなりません。

また、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。
つまり、この規定には例外があり、例えば不動産の購入や自動車のローンといった生活していく上で、どうしても必要となってしまう大きな金額の借入などについては年収の3分の1までという制限がかからないということになります。

金融庁は、社会問題となっている多重債務問題を解決するために、このような法改正を行ないましたが、生活が厳しく借入れをせざるを得なかった方にとっては、さらに厳しい内容のものとなりました。

過払い金ある?ない?診断窓口では、総量により具体的に受ける影響も踏まえた上で、現在債務を抱えている方が状況を打開するため、債務圧縮予測、過払い金発生の可能性などを借金問題解決の専門家である司法書士が無料診断致します。

Copyright © 過払い金ある?ない?診断窓口 All rights reserved.