過払い金は戻ってくる?総量規制であなたの借金はどうなる?借金状況の診断ならご利用無料の「過払い金ある?ない?診断窓口」へ!

過払い金は戻ってくる?総量規制であなたの借金はどうなる?借金状況の診断ならご利用無料の「過払い金ある?ない?診断窓口」へ!

過払い金有無の診断はこちら:0120-123-800

特定調停とは?

「特定調停」とは、借金の返済が困難になった際に、裁判所を通じて借金返済について交渉を行うことで、経済的再生を図ることを目的とした法的な救済制度になります。
平成12年の2月から施行された民事調停手続きで、「裁判所を通した任意整理」と言われることが多く、簡易裁判所を通して債務者と債権者が返済方法などを話し合いをします。
特定調停を利用する基準は、3年以内に利息制限法に基づき引き直し計算をした後の借金が完済できるかどうか、にあります。
借金が帳消しになることはありませんが、月々の返済額が減ることで返済しやすくなります。

任意整理と違う点について、一般的な任意整理は裁判所を利用せずに債務者と債権者が直接話し合いをすすめることになりますが、特定調停は裁判所を通すことで、債務者と債権者の間に調停委員が入ることになります。
調停ですので手続きは本人ですすめることが可能で、弁護士や司法書士等の専門家へ依頼をせずとも調停委員がサポートをしてくれることになり、債務整理の中で簡単に手続きができる唯一の方法と言われています。
交渉に関しては大半のことは調停委員の方がやってくれますが、あくまでも調停委員は仲介役で中立な立場にあるため、債務者だけに有利になるようなアドバイスをしたり、債務者の味方になるようなことは一切ないので、特定調停の利用に関しては事前に準備が必要となります。

■特定調停のメリット
  • ・法律知識が無くても手続きが簡単で、費用が安く、気軽に利用できる
  • ・債権者からの取り立てや催促を止めることができる
  • ・特定調停後は利息がカットされ、将来利息がゼロに
  • ・「官報」に掲載されない
■特定調停のデメリット
  • ・ブラックリストに載ってしまう(一定期間、新規の借入やクレジットカードの新規発行が不可能になる)
  • ・3~5年以内の返済期限あり
  • ・調停成立後、返済を滞納したり怠ることがあると強制執行の可能性がある
  • ・特定調停では過払い金の取戻しができないため、調停とは別で過払い金請求をする必要がある
  • ・あくまで任意の話し合いになるため、交渉決裂の可能性がある
Copyright © 過払い金ある?ない?診断窓口 All rights reserved.